携帯キャリアショップと家電量販店の違いとメリット・デメリット

携帯ショップ By アバター onib

皆さんはau,Docomo,Softbankなどの「キャリアショップ」と「関電量販店」の違いをご存知でしょうか?

それぞれにメリットとデメリットがありますが、両者の違いが分かればどちらがあなたにとってお得なのかが分かります。

キャリアショップって何?

au,Docomo,Softbankなどの携帯会社の事をキャリアと呼びます。キャリアショップとは所謂「auショップ」や「Docomoショップ」などの事を指します。

しかしその呼び名のせいで街中にある「○○ショップ」が直営店だと思っている人が多いようですが実はそうではありません。

キャリアショップ=直営店ではない

実は各キャリアの直営店は全国に数カ所しか存在しておらず、ほとんどが代理店なのです。

それゆえ「A市のドコモショップとB市のドコモショップではスマホの値段が違う」なんて事も珍しくありません。

キャリアショップのメリット

自分に合ったプランが探せる

キャリアショップの店員は量販店の店員よりも多くの対応ができます。具体的にはプラン変更・解約・故障対応・料金支払いなどがあります。なので、複雑なプラン内容を把握できていない方には、ショップの店員に詳しい説明をしてもらいながら自分に最適なプランを探すことができます。

 

キャリアショップは値引き交渉に多くの選択肢がある

キャリアショップは対応できる業務内容が多いだけに、利用者にとっても値引き交渉の選択肢は広いのです。

キャリアショップはインセンティブで儲けを出しています。具体的には新規契約(他社からの乗り換え含む)・オプション加入・より高い料金プランへの変更などです。

例えば細かいですが「頭金がゼロにならないか?」「このオプションに入らなくても良いか?」「アクセサリー類をつけてくれないか?」などです。

特に頭金に関しては交渉してみてください。店舗によっては売りたい機種であっても、値引き交渉でお得感を演出する為に敢えて表示している店舗もあります。

 

古い機種をお得にゲットできる

家電量販店が最新の機種が中心なのに対して、キャリアショップには少し前のスマホが大量にあります。特に最新の機種で無くても構わないという方は狙い目です。端末にもよりますが、実質ゼロや一括ゼロのキャンペーンが多いのが特徴です。

キャリアショップのデメリット

とにかく待ち時間が長い

とても長いです。平気で数時間待ちます。ネットや電話での来店予約もできますが、めんどくさいですね。

 

新規加入促進が邪魔臭い

これも店舗によってまちまちですが、タブレット等の購入を勧められる事があります。

家電量販店の仕組み

家電量販店では新規販売と機種変更しかできないので、彼らの儲けはシンプルに端末の販売代金になります。

家電量販店のメリット

待ち時間が少ない

キャリアショップと違い、すぐに手続きに移ることができます。

 

ポイント還元がある

家電量販店はポイントでの還元が多いので、携帯だけでなく他の物に使えるのが嬉しいですよね。またアクセサリー類もキャリショップより安くバリエーションも豊富なので使い道が豊富です。

 

乗り換えを含めた検討が簡単

家電量販店には多くのキャリアが集まっているので、気になる機種の価格比較が簡単にでき、乗り換えを含めた多くの検討をすることができます。

家電量販店のデメリット

開通まで時間が掛かる

家電量販店では手続き内容を外部に送信するのでどうしても1〜2時間程度掛かります。

 

細かな対応ができない

何度も述べた通り。新規契約と機種変更以外はできません。それゆえ、少し突っ込んだ質問になるとキャリアショップを案内される事が多いです。

 

強制加入オプションが多い

これは体感ですが、家電量販店の方がキャリアショップに比べて強制加入させられるオプションの数が比較的多い印象です。また、オプションを外す際には、自分で解約するか結局キャリアショップに行く必要があります。

価格はどちらが安い?

価格面ではキャリアショップも家電量販店も正直同じくらいです。なにせ両者とも新品を売ってるわけですから、頭金やオプションやアクセサリーのおまけなど微々たるところでしか価格差はありません。キャンペーンに関しては一概にどちらの方が安いとは言えません。キャリアショップでも量販店でも店舗によってキャンペーンは異なりますから。

結論

携帯会社が既に決まっているならキャリアショップ

キャリアショップの最大の強みは、当然ですがそのキャリア専門スタッフばかりいるということ。端末購入だけでなくプラン相談なども親身に行ってくれるので安心感があります

複数の会社を検討している方なら家電量販店一択

これも先ほど述べましたが、家電量販店の一番の強みは多くのキャリアが1つのフロアに固まっているので、乗り換えも含めて検討できるので端末購入に限っては一番安い会社を探しやすいというところです。

鬼Bのおすすめキャリアショップ

前提条件として「端末代金の違いは考えない」という事がありますが、私があまり携帯に詳しく無い方におすすめしているのは「ショッピングモールの最上階にあるキャリアショップ」です。ショッピングモールは混みそうなイメージが強いですが、最上階にあるキャリアショップは比較的暇を持て余している場所が多いです 笑。


カテゴリー:携帯ショップ

アバター

onib

元・携帯ショップの販売員(専門)。 「マニアックな話を素人にも分かりやすく」をモットーに記事を書いています。