格安SIMでSNS使い放題!? LINE MOBILEとDMM MOBILEの比較

格安SIM By アバター onib

SNS利用によるパケットの消費が多く、速度制限に泣かされている方をよく見かけます。

でもご存知でしたか?通信事業によって「SNSが使い放題」のプランを提供しているとこもあります。

今回はそんなサービスを提供している業者をまとめましたので是非ご参考にして下さい。

LINE MOBILE

LINEモバイル

 

ドコモ回線ソフトバンク回線で利用できる格安SIM。中でもソフトバンク回線は他社と比べても速いのでソフトバンク端末利用者には特にオススメ。またLINE MOBILEはLINEの年齢認証をすることができるので、他社の格安SIMではできないLINEのID検索ができるのも魅力です。

LINE MOBILEのSNS使い放題プラン

LINE MOBILEのコミュニケーションフリープランは、LINE/Twitter/Facebook/InstagramなどのSNSをパケット消費無しで利用することができます。

コミュニケーションフリープランの料金と対象範囲

特筆すべきは、LINEトークもフリープラン内に含まれていると言う事。会社員はなかなか厳しいでしょうが、学生などで「特にLINE通話のみでも支障がない」方にとっては、音声SIMをつける必要が無いので、より割安で運用することができます。また、データSIMのメリットは2年間の縛り(2年以内の解約による違約金の発生)が無いのも大きいですね。

その他費用としては・・・

  1. 登録事務手数料 3000円
  2. SIMカード発行手数料 400円

が初月に必要となります。

クレカ不要で申し込める

ほとんどの格安SIM業者でに申し込む際に、クレジットカードは必須ですが、LINE MOBILEは全国のコンビニで買えるプリペイド式カード「LINE PAY」で支払いをすることができるので、クレジットカードを持っていない方でも契約することができます。

 

DMM MOBILE

プランが細かく分かれているので、月額料金を極限まで安くしたい人にオススメなのがDMM MOBILEです。

DMM MOBILEのSNSフリーオプション

DMM MOBILEのSNSフリープランが3GB以上から申し込み可能という制限があるものの、使い放題になる範囲はLINE MOBILEとほとんど同じで、それに加えてFacebookのMessengerアプリも対象です。

SNSフリーオプションの料金と対象範囲

SNSフリープランは、画像の赤枠内が対象

DMM MOBILEのSNSフリーオプションは3GB以上の契約からという制限があるものの、LINE MOBILEでは対象外なMessangerアプリも使い放題になるので、対象範囲はDMM MOBILEの方が広いですね。

※注意点としては、DMM MOBILEのSNSフリーオプションでSNSを閲覧する時は別回線で接続する仕様のため、SNS利用時の通信速度が遅くなります。

その他費用としては・・・

  1. 登録事務手数料 3000円
  2. SIMカード発行手数料 394円

が初月に必要となります。

バースト転送というメリット

DMM MOBILEでは、その月のデータ通信が上限まで達してしまい、制限が掛かった状態でも、インターネットをする時に一瞬だけ高速通信ができるバースト転送というものがあります。そのため、情報量の多くないサイトなら通信制限が掛かった状態でも比較的サクサク閲覧することができます。

DMM MOBILE


カテゴリー:格安SIM

アバター

onib

元・携帯ショップの販売員(専門)。 「マニアックな話を素人にも分かりやすく」をモットーに記事を書いています。