シェアすれば格安SIM並!?ソフトバンクの料金プランをわかりやすく解説!

スポンサーリンク

どのキャリアのWEBサイトを見ても、基本的に料金プランはわかりにくい・・・というか、読む前の段階で「ややこしそう!!」ってなりますよね 笑

というわけで、Softbankスマホの10月からの携帯料金プランをサクッとわかりやすく解説してみました。

(割引や料金プランのポイントを絞って、できる限り簡単に書きました。)

スポンサーリンク

大手キャリアでは初の違約金廃止!

Softbankでは、所謂「2年縛り」というものがなくなりました

ちなみに、au/docomoの違約金(2年定期契約の途中解約の料金)は1,000円で、新プランでは「2年定期契約なし」との価格差が170円程度になっています。

現在のSoftbankでは違約金も定期契約プランも無い為、かなりシンプルですよね。

Softbankを利用する際には980円は絶対必要

まずSoftbankを利用する際には「基本プラン」という月額980円のプランに加入しなければなりません。

特別何かができるようになるわけではありませんので。基本プランに何が含まれているのか?という事は特に理解せずとも、「とにかく980円は必要」という認識で良いでしょう。

Softbankの通話料

Softbankの国内通話料は30秒20円です。

また、下記の通話オプションがあります。

名称 サービス内容 月額
準定額オプション 1回5分以内の国内通話かけ放題 500円
定額オプション 国内通話かけ放題 1,500円

Softbankのメインプランは3種類

現在、Softbankの料金プランのメインは3つです。

簡単に言えば、「基本プラン」+「下記のいずれかのプラン」=毎月の料金

という形になります。もちろん、本体も一緒に購入する方は別途、本体料金も加算されます。

  • スマホデビュープラン
  • ミニモンスター
  • ウルトラギガモンスター+

スマホデビュープラン

このプランは「ガラケー(フィーチャーフォン※キッズ携帯も対象)からスマホに換える方限定」のみが契約できるプランです。

サービス内容自体は1GBのデータ通信が行えるだけのプランなのですが、実質的に「準定額オプション」もしくは「定額オプション」のどちらが含まれたプランと考えて良いです。

と言うのも、2つのうちどちらかに入れば「1GB専用割引」という毎月1,000円の割引を受けられるからです。特に準定額オプションは、もともとのオプション料金自体が500円なのに、1,000円割り引かれるので、通話オプションを選択しない理由がありません。

スマホデビュープラン内訳
基本プラン 980円
データプラン1GB 1,500円
通話オプション 準定額オプション
500円
定額オプション
1,500円
割引 1GB専用割引
-1,000円
割引2 1年おトク割
-1,000円
合計 980円
14ヶ月以降1,980円
1,980円
14ヶ月目以降2,980円

注意して欲しいのが、上記画像の料金は2ヶ月目〜13ヶ月目の間の料金ということです。

割引の適用は契約の翌月からで、14ヶ月目からは「1年おトク割」が無くなるので1,000円アップします。

ミニモンスター

ミニモンスターは、毎月のデータ通信量によって金額が異なります。

〜1GB 〜2GB 〜4GB 5GB〜
3,000円 5,000円 6,500円 7,500円

これに基本料金980円を加えた金額が毎月の支払いイメージですが、こちらも「1年おトク割」12ヶ月間1,000円の割引の対象です。また、自宅回線がソフトバンク系の場合は「おうち割 光セット」という割引で更に月額1,000円が安くなります。

ミニモンスター料金内訳(例)
基本プラン 980円
データプランミニ 〜1GB
3,000円
2GB〜4GBまで
6,500円
通話オプション 任意
1年おトク割
※機種変更は対象外
-1,000円
おうち割 光セット -1,000円
合計 1,980円
14ヶ月以降2,980円
5,480円
14ヶ月以降6,480円

ウルトラギガモンスター+

50GBという超大容量のデータ通信量な上に「Youtube」「Tver」などの特定サービスをデータ消費なし(ギガノーカウント)で使えます。対象サービスは下記画像参照。

 

このプランは家族でデータをシェアする方が多いプランです。

というのも、「みんな家族割+」は、追加で1回線につき500円の割引が受けることができます(上限は2,000円まで)。単独契約は「みんな家族割+」の適用外なのですが、自宅回線を契約する代わりにも十分な通信量だと言えます。

ウルトラモンスター+料金内訳(例)
単独で利用する場合 家族4人で利用する場合
基本プラン 980円 980円
データプラン50GB+ 6,500円 6,500円
通話オプション 任意
1年おトク割
※機種変更は対象外
-1,000円 -1,000円
おうち割 光セット -1,000円 -1,000円
みんな家族割+ -2,000円
合計 5,480円
13ヶ月目以降は6,480円
3,480円
13ヶ月目以降は4,480円

このように、家族でシェアすれば格安SIM並の料金で大手キャリアを使うことができます

たとえば、「格安SIMに変えたいけど、仕事で通話することが多いから変えれない」という方は、家族全員でSoftbankに乗り換えて、総額の出費を安くするというのも1つの方法では無いでしょうか?

また別途500円のテザリングオプションを利用すると、出先でも高速インターネット通信ができるのでオススメです。

このプランの凄い点は、テザリングで利用した端末もギガノーカウントの対象になる、という点です。よほどの使い方をしない限りは家族でデータシェアをしても余ることでしょう 笑

端末セットで乗り換えるならオンライン代理店を活用しよう!

ちなみに、Softbankに乗り換えるなら、絶対に店舗よりもオンライン代理店を利用した方が良いです。過去記事に書きましたが、実店舗を持たない(もしくは少ない)オンラインの代理店は、その分経費が掛からないのでキャッシュバックで還元してくれます

電気通信事業法の改正により【キャッシュバック上限が2万円まで】となりました。今までのように高額なキャッシュバック案件は無いのですが、その分様々なサイトをチェックして探す手間は不要になりました。

また、実店舗と違い「待ち時間が不要」という点だけをとっても魅力的では無いでしょうか?

おすすめのオンライン代理店


10/26現在のオススメは「スマホ乗り換え.com」です。もともとキャッシュバックの早さが定評のある会社ですが、現在ソフトバンクの全てのスマホ、ガラケーを対象に現金20,000円のキャッシュバックを行っています(勿論iPhone 11も対象です)

<条件>

新規契約またはau,docomo,Y!mobile回線からの乗り換え

ワイモバイルはSoftbank系列なので、基本的にSoftbankのキャンペーン対象外のことが多いのですが、スマホ乗り換え.comはワイモバイルからの乗り換えもキャッシュバック対象です。

しかも、どの料金プランでもキャッシュバック対象!!

全国に2店舗(東京と大阪)にだけ実店舗があるのですが、来店契約の場合はその場で、ネットからの契約の場合は開通日(利用開始日)の翌週末に振込でキャッシュバックされます。

20,000円のキャッシュバックを受けるには下記サイト内の「プラン見積もり・お申し込み」ページから「特別キャンペーン希望」と記入してお問い合わせください

スポンサーリンク

カテゴリー:携帯ショップのあれこれ

アバター

onib

元・携帯ショップの販売員(専門)。 「マニアックな話を素人にも分かりやすく」をモットーに記事を書いています。