センター試験直前に学力をアップする方法!今時のセンター試験対策はアプリでやる

アプリ By アバター onib

私が販売員として働いてた当時、自身は新規契約のスペシャリストとして店舗から雇われていた反面、お客様から多くの事を学びました。

その1つが「アプリ」に関する知識です。

幾ら携帯会社の販売員といえど、毎日膨大な数が公開されるアプリは逐一チェックできません。

流行りのゲームは勿論、生活に便利な「アプリ」等に関しては、お客様の方が店員より詳しい事が多いんですよね。

特にお子様がいらっしゃる家庭の奥様の話でよく出たのが子どもの受験アプリについてです。

私の年代は塾か予備校、格安で勉強しようと思ったら赤○ン先生のような通信しかありませんでしたが、最近の受験生は「インターネット予備校」なるものが主流だそうです。

既にご存知の方も多いとは思いますが、そんな昔話を思い出したので今回はそんな最新の予備校事情についてお話します 笑。

受験生必見!インターネット予備校「スタディサプリ」

スタディサプリとは、リクルートホールディングスの子会社、リクルートマーケティングパートナーズが運営しているインターネット予備校です。

対象は小学4年〜大学受験生までと幅広い年齢層に対応しているのですが、私が話を聞いたお客様はほとんどが高校生の親御さんでしたので、体感的には圧倒的に高校生の利用が多い印象です。

もうわざわざ予備校や塾に通う必要は無い

スタディサプリに必要な物はスマホ(タブレット)端末ひとつです。

これを聞いて、「どうせただのアプリでしょ?」と思ったそこのあなた!私も初めてこの話をしている親御さんの話を聞いた時、全く同じ事を思いました 笑。

しかし、わざわざ「受験アプリ」ではなく「インターネット予備校」と名乗るにはそれなりの理由がありました。

アプリを使うけど一方通行じゃない

基本的に学習アプリは動画を見るだけの一方通行の授業か、ゲーム形式でせいぜい得点を競うようなものですが、「スタディサプリ」では自分の担当コーチがついたり、講師にチャットで質問できるなど、一方通行では無いのでしっかりと学力を高める事ができます。

大学受験を控える方には特におすすめ!

最初に書いたように「スタディサプリ」は小学4年生からが対象ですが、大学の受験生には特におすすめしたいアプリです。その理由は、さきほど書いた担当コーチや、講師へのチャット質問が高校生や大学受験生限定の特別なコースだからです。

合格特訓コース

例えば、高校・大学受験生限定の「合格特訓コース」では、自分にあった合った効果的な勉強方法を直接指導してもらえる「あなた担当のコーチ」がつきます。しかもコーチは全員難関大学を合格した現役大学生なので、部活との両立や受験勉強の具体的なテクニックなど、大人の講師より更に近い視点でアドバイスが貰えます

5教科費用:1万円/月

センター試験直前の得点力アップならスタディサプリLIVEコース

スタディサプリコースは高校三年生しか利用できないので、対象となる方は是非こちらのコースがおすすめです。このコースのウリは何と言ってもチャットで直接講師に質問ができるという点。更にセンター試験直前の1週間前に実力確認テストをLIVE放送で一斉受験で行うので、本番さながらの緊張感を自宅にいながら体験することができます。一斉テストの緊張感は日々の学習ではなかなか味わうことができないので、非常に魅力的だと思います。

LIVE冬期講習 受け放題セット費用:3万9800円(12月〜2019年2月まで)

鬼Bの感想

塾や予備校に比べて「スタディサプリ」は格段に安い上に、せっぱ詰まった受験生にとっては毎日の塾や予備校に通う移動時間もめちゃくちゃ貴重なので、その時間も学習時間に充てれるのはアプリならではの大きなメリットですよね。

反面、自宅学習というとどうしてもある程度の自己管理能力は問われることになります。しかし、最近の子どもはスマホ動画に慣れ親しんでいるでしょうから、少なくとも通信教育よりは効果が見込めるでしょう。

次に金銭面に関してですが、たとえ塾としては格安であっても、「アプリ」という側面で見ると、これだけ高性能なアプリが当たり前のように無料で使える時代にひと月に1万円というのはなかなか強気の設定価格だと思います。しかし、逆に言うとそんな「高い」と思われかねない価格でもこれだけ口コミが広がっているのはある意味で安心できるのではないかと。

 

今なら14日間無料体験できるので、まずは無料体験で試して見てから判断するのが一番良いかと思います。

※2019年1月31日まで2000円のキャッシュバック・キャンペーンを行っています。


カテゴリー:アプリ

アバター

onib

元・携帯ショップの販売員(専門)。 「マニアックな話を素人にも分かりやすく」をモットーに記事を書いています。