テレビでネットができる!激安のAndroid TV BOX「H96 MAX」実機レビュー

その他 By アバター onib

5月末にBanggood.comで購入した、激安のAndroid TV BOX「H96 MAX」がようやく到着しました。

結論から言うと、この製品を4,000円以下で買えて大満足です。

 

2週間で手元に到着!

TV BOXとは要するに「TVに接続することを前提としたAndroid端末」です。

今回はじめて使うのですが、「内容に大差はないだろう」という決めつけと、「メモリ不足による動作速度へのイライラがありえそう」という想像から、他人のレビューも何も参考にせず、一番メモリが大きくて安い製品として「H96 MAX」を購入しました

ちなみに、予約商品だったこともあり手元に届くまで2週間掛かりました(当初の予定では1週間ぐらいでしたが、到着が遅れた為お詫びに気持ち程度のクーポンをもらいました 笑)。

 

いざ開封

同梱内容は

  • 本体
  • HDケーブル
  • リモコン
  • 電源アダプタ
  • ユーザーマニュアル

基本的に必要なものは全部同梱されていますので、別途何かを購入する必要はありません。リモコン用の単四電池ぐらいでしょうか。

 

思ったより小さい!

びっくりしたのが、本体が思ったより小さくて軽いということ。プラスチック製で、見た目が安っぽく見えるため、正直ちゃんと動作するのかものすごく不安です・・・

 

接続は超簡単

 

接続は同梱されているケーブル2本を繋ぐだけ。ほんとにそれだけでビックリしました。Android TV BOXの日本語記事自体が少ないのですが、私がたまたま見た別の製品では「音声出力のケーブルが別途必要」と書いてあった気がするので、てっきり他にも必要な物を自分で揃える必要があると思ってました 笑

 

セッティング

起動すると勝手にセッティング画面になります。特に難しいことはなく、「言語」「画面サイズ」「無線LAN」「ホーム画面」などの簡易設定があるだけ。ものの数分でできます。Wifiのパスワードを打ち込むのがめんどくさかったぐらいです 笑

ちなみに初めからNetFlixやAmazonPrimeなどのアプリがダウンロードされていました。自分のアカウントでログインさえすればすぐ見れます。

インターネット機能非搭載の我が家のテレビでYoutubeが観れるとは・・・感動しました。ちなみにテレビは2008年製でDボタンすらありません 笑

もちろん、Google Chromeなどでインターネットサーフィンもできます。

 

内蔵アプリについて

Android TV BOXに初期インストールされているアプリは、合法な物からヤバそうな物まで入っていました。(上記画像は内蔵アプリを色々見てた際に観れてしまったポケ○ン)

日本では見慣れないアプリの多くが英語表記でしたので試しに色々いじってみたのですが・・・最新の映画やアニメ・ドラマなどが無料で観れてしまったりするので、知らないうちに著作権に引っかかってしまうかもしれません。よくわからない内蔵アプリは利用しない方が無難だと思います。

あとはGoogle Playだけでなく、APKファイルのストアアプリも最初から入ってましたので、自分の好きなアプリをどんどん入れて自分用にカスタマイズすることができます。

 

使い勝手について

私はメモリ4GBのモデルを買いましたが、それが大正解でした。

ストリーミング再生時などでたまにちょっとモタつくこともありますが、基本的にはサクサク動いてくれてストレスはありません

きっとAndroid TV BOXの購入を考えている方のほとんどが動画視聴を目的にしていると思いますが、2GBでは厳しいと思います

ROMについてなんですが、そもそもストリーミング動画をメインに使う予定の方なら32GBも不要だと思います。

写真が撮れるわけでもないので、スマホ以上にROMの必要性は無い感じがします。

 

操作性についてですが、Android端末のアプリ(たとえばNetflixアプリ)は、当然ですが基本的に「タッチ操作前提」で作られています。

その為、リモコンのボタン操作だけで任意の場所に移動するのは難しい(例えるなら、マウスなしでパソコン画面を操作するような感じ)ため、付属のリモコンにはマウス操作に切り替えられるボタンがついています。

この切り替えボタンを上手く使いながらアプリ操作するので、アプリ操作には結構コツが必要そうです

 

あと、分かってはいましたがリモコン操作で1文字1文字打つのは大変です 笑

やはり下記のようなワイヤレスキーボードが便利だと思います。

2.4Ghz mini wireless キーボード ワイヤレス式

 

購入する際の注意

「H96 MAX」にはRAM,ROMそれぞれ異なる製品が販売されており、「H96 MAX Plus」や「H96 MAX X2」なる製品も販売されています。

まず「H96 MAX」と「H96 MAX Plus」のどちらを選ぶにせよ、4GB RAMは必要と考えた方が良いでしょう。

 

H96 MAXシリーズ比較

それぞれ 4GB RAM, 32GB ROMで比較しました。

 

H96 MAX H96 MAX Plus H96 MAX X2
CPU RK3318クアッドコア64ビットCortex-A53 RK3328 Quad-Core 64bit Cortex-A53 Amlogic S905X2クアッドコアARM Cortex A53 @ 2.0 GHz
GPU Penta-Core Mali-450最大750Mhz + Penta-Core Mali-450 最大 750Mhz+ ARM Dvalin MP2 GPU
RAM 4GB DDR3 4GB DDR3 4GB LPDDR4
ROM EMMC 32GB EMMC 32GB EMMC 32GB
OS Android 9.0 Android 8.1 Android 8.1
Wifi 2.4G/5G 2.4G 2.4G/5G
ビデオ VP6,8,9/H.265/H.264/VC-1/MPEG-1,2,4 VPVP6,8,9 H.265 HDR10/VC-1/MPEG-1,2,4 H.265/H.264/VC-1/AVS-P16/Realビデオ 8/9/10ほか
その他 2.4GHz USBドングルにより2.4GHz無線マウスとキーボードをサポート 2.4GHz USBドングルにより2.4GHz無線マウスとキーボードをサポート 2.4GHz無線マウスとキーボードをサポート
おおよその価格 4,000円前後 5,500円前後 7,000円前後

 

動画のコーデックについて全く詳しくないのですが、全て4K動画に対応しているようです。なぜか一番価格の安い「H96 MAX」だけが最新のAndroid9.0です。スペック表の記載を見る限り「H96 MAX X2」のみがスマホ向けに開発された低電力のLPDDRを使用しており、DDR3よりもDDR4の方が処理速度が速いです。

見た感じ「H96 MAX Plus」を選ぶメリットは無さそうですね。「H96 MAX」か「H96 MAX X2」のどちらか好きな方で良いんじゃないでしょうか。

Androidのバージョンについてなんですが・・・正直、1〜2世代の違いで困ったことはありませんのでどっちでも良いとは思うのですが、Androidのバージョンが古いとアプリがインストールできない事があるにはあります。

 

というか、本来なら買う前に製品比較するべきですよね 笑

とりあえず試しに購入したかったので一番安い物にしたんですが、結果オーライでした 笑

 

コンセントについて

Banggood.comで購入する際にコンセントタイプを選択できるのですが、私はUSを選択しました。USのコンセントタイプは日本と同じ。電圧は日本より高いのですが、最近の家電製品は電圧が違っても変圧器が無くても対応できるものが多いです。安い製品だったので電圧だけを心配していたのですが、無事に普通に動作しました。

もし、間違えて購入した際はサポートに連絡すると対応してもらえますし、届いてしまった場合は変換プラグは数百円で購入できます。

 

ちなみに、手っ取り早くAmazonで購入するのも良いですが、Banggood.comより倍ほど高いので、安く買いたい人はBanggood.comで買った方が良いと思います。クレジットカードとコンビニ払いもできるので、アカウント作ってからはAmazonと使い勝手変わりませんし。

H96 MAX 4GB RAM 32GB ROM
※画像リンクだけがAmazonのH96 MAX Plusのページなってます

 

[2019.08.07 追記]
6K対応版が発売されました。

激安Androind TV Boxが6K画質に対応「H96 mini」


カテゴリー:その他
タグ:製品レビュー

アバター

onib

元・携帯ショップの販売員(専門)。 「マニアックな話を素人にも分かりやすく」をモットーに記事を書いています。