Wi-Fiタブレットとセルラーモデル/SIMフリータブレットの違いとは?

タブレット By アバター onib
スポンサーリンク

最近では当たり前のように利用している人を見かけるタブレット。

「タブレットを使って見たい」と思っている方も多いのでは?

ただ、タブレットには「Wi-Fiモデル」と「wifi+Cellular(セルラー)モデル」「SIMフリータブレット」があるのをご存知でしょうか?

買う前にこれを知っておかないと必ず後悔します。

スポンサーリンク

Wi-Fiモデルとは?

Wi-Fiモデルとはその名の通り、Wi-Fiが使用できる環境下で無いとインターネットに接続できません

よく家電量販店で販売しているタイプですね。

Wifiモデルのメリット

メリットは何と言っても価格です。Wifiモデルとセルラーモデルでは、機種にもよりますが、同じモデルでも端末代だけで1万〜3万ぐらいの開きがあります。本体さえ買ってしまえば月額を支払う必要が無いのもWi-Fiモデルの強みですねとにかく安くタブレットを使いたい人にはおすすめです。

Wifiモデルのデメリット

デメリットはWi-Fi環境下でしかネット利用ができないと言うことです。

Wi-Fiモデルを賢く使うコツ

スマートフォンを利用している方であれば、最近はほとんどの機種にテザリング機能がついているので、テザリングで自分のスマホのパケットをタブレットに利用させる事が可能です。

注意点としては、テザリングでタブレットのネットを使うとパケット量が減っていきますし、テザリング機能を利用中のスマホの電池の消費も速くなります。もしくはポケットWi-Fiで運用するという手もあります。

セルラーモデルとSIMフリーとは?

セルラーモデルとは、携帯電話の回線を利用してネットに接続できる端末の事で、勿論Wi-Fiも利用できます。簡単に言うとスマートフォンと同じですね。セルラーモデルは基本的にau,Docomo,Softbankなどのキャリアで販売されている端末の事で、機種によりますが基本的には通話機能も兼ね備えています

※通話機能がついていないモデルもあります

とにかく、外でも携帯電話の回線を利用できる=セルラーモデル

というイメージです。

「セルラーモデル」は基本的に携帯ショップなどで使われている表記ですが、たとえばネットショップなどでは「4Gタブレット」や「LTEタブレット」などと表記されている事が多いです。

つまり、セルラーモデル=4G(LTE)タブレット

と言えます。

当然ですが携帯回線を利用するので月額契約が必要になります。Docomoで契約したらDocomoのSIMが入りますし、auで契約すればauのSIMが端末に入っています。いわゆるSIMロックが掛かった端末ということになります。

一方ネットショップなどを見ると、同じセルラーモデルであっても「SIMフリー」や「SIMロック解除済」という言葉を目にすることがあると思います。

SIMフリーとは、どこのSIMでも利用できるフリーな状態(SIMロックが解除された状態)になっている端末で、格安SIMなどを使って運用することが可能な端末の事を指します。

つまりSIMフリーの中でも、通話機能があるタブレット通話機能の無いタブレットがあると言う事ですね。

通話機能とは?

ここでいう「通話機能」とは、携帯電話の電話番号を利用する通話を指します。(たとえば090や080などの番号を利用した通話)。

要するにスマホみたいに電話ができる機能のことです。

しかし、たとえばSkypeやLINE通話などのアプリを利用した通話は、WifiモデルでもWifi利用時にも利用できます。

セルラーモデルのメリット

  • 外でもネットが利用できる

セルラーモデルのデメリット

  • 本体代がWi-Fiモデルに比べて高い
  • 月額料金が発生する

セルラー/SIMフリーモデルを賢く使うコツ

一番のネックは本体の入手方法でしょう。購入さえしてしまえば明らかにセルラーモデルの方が使い勝手が良いです。欲しい端末の本体代にもよりますが、基本的にはネットで本体を一括購入してからご自身で格安SIMを契約して運用する方がトータル面で安くなるケースが多いです。

外出先で使える端末を格安で欲しいなら下記の記事がおすすめです。

下記はWifiタブレットと格安の海外タブレットについて比較をしています。

AmazonのFireタブレットを買うなら、中華タブレットを買った方が良い理由

タブレットの種類まとめ

  wifi利用 外での利用 月額料金 通話機能 入手場所
wifiモデル × 不要 × 携帯ショップやネットショップ
セルラーモデル(4G 又は LTEタブレット) 必要
契約した携帯会社の回線のみ利用可能
端末による 携帯ショップやネットショップ
セルラーモデル(4G 又は LTEタブレット)
SIMロック解除/SIMフリー版
必要
どこの携帯会社の回線でも利用可能
端末による 携帯ショップやネットショップ

上記のうち『セルラーモデル』や『4G (LET)モデル』には、それぞれ「SIMロックが掛かっている端末」と「SIMフリー(SIMロック解除済)」の端末の2種類があるという感じです。

ただし、海外端末の場合は全てSIMフリー端末なので、どこの携帯会社のSIMカードを挿しても理論上は使えますが、そもそも本体自体が日本の携帯回線の周波数をキャッチできない物もあります

海外で購入する端末に興味がある方は、下記の記事の『端末とSIMの周波数帯 (Band)は合っているか?』という項目を参考にしてください。

海外製品は自分で気をつけなければならない点があるという意味で、少し難易度は高いかもしれませんが、国内製品に比べて価格が断然に安いので知っておいて損は無い筈です。

【完全版】スマホ端末と回線の相性、注意するポイントはたった2つだけ!

それぞれのオススメ(12/17)

Wifiタブレットのオススメ

Wifiタブレットでコスパが良いのは、やはり日本国内で買えるものだと、断然Amazonタブレットです。

実際に私もAmazonの8インチタブレットを所有しています。

hd8
Fire HD 8 タブレット

価格も手軽で、セール時などでは半額近くで買えたりします。家で動画や電子書籍を見るのにはかなり使い勝手が良いですが、唯一にして最大のデメリットはGoogle Playストアが使えないという点です。

AmazonタブレットはFire OSという独自のOSを搭載しており、アプリも専用のストアから入手しなければなりませんがGoogle Playストアに比べてアプリ数はかなり数は少ないです。

セルラーモデルのオススメ

セルラーモデル(4G,LTEモデル)に関しては、金に糸目をつけないなら、やはりSurfaceやiPadが性能として優れていますし、パソコンのように使えるという点では外で使うメリットも十分あると思います

しかし、「ちょっとした電子書籍の閲覧や動画視聴」程度なら、やはり個人的には中華タブレットを推したいですね。なんせ1万円程度出せば買えますし。

たとえば中華通販サイトである「Banggood.com」のタブレット一覧を見て貰えば分かるのですが、その価格は圧倒的です。安い物でしたらSIMフリーであっても1万円で買えますからね。

Banggood.comは日本語で使えて、コンビニ払いもできるのですが、なかなか初めての方には敷居が高いかもしれませんし、中華製品はAndroidベースの独自OS(厳密にはAndroidではない)を利用していたり、対応周波数に自分でチェックしなければならなかったり、新製品がどんどん出てくるので「どれを買うべきかわからない!」などなど、色々と悩む部分も多いかと思います。

コツとしては、気になった製品があれば、「製品名+レビュー」などと検索すると、実際に利用している方の記事が出てきますので、それを見て判断すれば良いかと思います。

ちなみに私も「Teclast p10s」という、1万円程度で買える4Gタブレットのレビュー記事を書いておりますので、参考にしてみてください。

約1万円の激安4Gタブレット「Teclast P10S 」実機レビュー
スポンサーリンク

カテゴリー:タブレット