Wi-Fiタブレットとセルラーモデル/SIMフリータブレットの違いとは?

タブレット By アバター onib
スポンサーリンク

最近では当たり前のように利用している人を見かけるタブレット。

「タブレットを使って見たい」と思っている方も多いのでは?

ただ、タブレットには「Wi-Fiモデル」と「wifi+Cellular(セルラー)モデル」「SIMフリータブレット」があるのをご存知でしょうか?

買う前にこれを知っておかないと必ず後悔します。

スポンサーリンク

Wi-Fiモデルとは?

Wi-Fiモデルとはその名の通り、Wi-Fiが使用できる環境下で無いとインターネットに接続できません

よく家電量販店で販売しているタイプですね。

メリット

メリットは何と言っても価格です。Wifiモデルとセルラーモデルでは、機種にもよりますが、同じモデルでも端末代だけで1万〜3万ぐらいの開きがあります。本体さえ買ってしまえば月額を支払う必要が無いのもWi-Fiモデルの強みですね。とにかく安くタブレットを使いたい人にはおすすめです。

デメリット

デメリットはWi-Fi環境下でしかネット利用ができないと言うことです。

Wi-Fiモデルを賢く使うコツ

もしもスマートフォンを利用している方であれば、最近はほとんどの機種にテザリング機能がついているので、テザリングで自分のスマホのパケットをタブレットに利用させる事が可能です。

注意点としては、テザリングでタブレットのネットを使うとパケット量が減っていきますし、テザリング機能を利用中のスマホの電池の消費も速くなります。もしくはポケットWi-Fiで運用するという手もあります。

セルラーモデルとSIMフリーとは?

セルラーモデルとは、携帯電話の回線を利用してネットに接続できる端末の事で、勿論Wi-Fiも利用できます。簡単に言うとスマートフォンと同じですね。セルラーモデルは基本的にau,Docomo,Softbankなどのキャリアで販売されている端末の事で、機種によりますが基本的には通話機能も兼ね備えています。当然ですが携帯回線を利用するので月額契約が必要になります。Docomoで契約したらDocomoのSIMが入りますし、auで契約すればauのSIMが端末に入っています。いわゆるSIMロックが掛かった端末ということになります。

 

一方ネットショップなどを見ると「SIMフリー」や「SIMロック解除済み」という言葉を目にすることがあると思います。

SIMフリーとは、どこのSIMでも利用できるフリーな状態(SIMロックが解除された状態)になっている端末で、格安SIMなどを使って運用することが可能な端末の事を指します。

つまりSIMフリーの中でも、通話機能があるタブレット(セルラーモデルのSIMロックを解除したもの)と通話機能の無いタブレットがあると言う事ですね。

メリット

  • 外でもネットが利用できます。

デメリット

  • 本体代がWi-Fiモデルに比べて高い

セルラー/SIMフリーモデルを賢く使うコツ

一番のネックは本体の入手方法でしょう。購入さえしてしまえば明らかにセルラーモデル(又はSIMフリー端末)の方が使い勝手が良いです。欲しい端末の本体代にもよりますが、基本的にはネットで本体を一括購入してからご自身で格安SIMを契約して運用する方がトータル面で安くなるケースが多いです。

外出先で使える端末を格安で欲しいなら下記の記事がおすすめです。

AmazonのFireタブレットを買うなら、中華タブレットを買った方が良い理由

鬼B的Wi-Fiタブレットの利用法

私の場合は、タブレットは移動時の動画鑑賞・外出先でのブログ更新が主な利用用途ですのでそれを踏まえたオススメは、<Wi-Fiタブレット+ポケットWi-Fi+LINE SIM(格安SIM)>の組み合わせです。

AMAZON Fire HD8

1万円以下で買えるタブレットのオススメは、Amazon Fire HD8タブレット。この価格帯ではAmazonの一人勝ちでしょう(カメラのしょぼさを除けば文句無し)。内蔵が16GBしかありませんがMicro SDカードで増設可能なので問題ありません。個人的には7インチだと小さすぎ、10インチだと嵩張るので8インチが丁度良いです。

上記のリンクは10月に発売される新製品のようで、現在私が使ってるHDタブレットよりもカメラの画質が良くなり、Micro SDカードも200GBとから400GBまで対応できるみたいです。大きなスペック変更は無いので、すぐに欲しい方は現行のタブレットでも問題無いかと。

外でも利用した方ならFire HD 8 タブレットに加えて下記の組み合わせがオススメです。

SIMフリーポケットWifi ARIA2

 

LINEモバイル

私は実際に上記の組み合わせで利用しています。ARIA2はFREETELが販売しているSIMフリーポケットWi-Fiで、格安SIMのLINE MOBILEを入れて運用する方法です。

ARIA2はSIMフリーのポケットWi-Fiの中ではぶっちぎりにコスパが良いので、ポケットWi-Fiを買うなら現状はここ一択。充電持ちも良いので、手持ちのスマホからテザリングするよりも遥かに現時的でしょう。

格安SIMはLINEモバイルがオススメです。格安SIM業者の場合、大手キャリアと比べて通信費が激安なので、料金自体はそこまで違いは無いものの、LINE MOBILEのコミュニケーション・フリープランは、instagram,LINE,Facebook,Twitterの利用ではパケットが減らないのでSNSのヘビーユーザーには超オススメです。

LINE MOBILEをARIA2で使えるようにする初期設定は既にに書いている方がいましたので参考にして下さい。

鬼B的セルラー/SIMフリーモデルタブレットの活用法

運用方法としては勿論、格安SIM利用する方がお得なのですが、問題は端末の入手法。大手キャリアのセルラーモデルの場合、新規契約だと実質ゼロ円で本体を入手することが可能で、最新機種でも数千円で入手することが可能です。一方ネット等で一括で購入すると数万〜数十万を支払う必要があります。

どちらの方がお得なのでしょうか?

キャリア回線のデータシェアならデータ料金ゼロになりますし、人によってだいぶ開きがあるので難しいですよね?

ややこしい!と思う人は、まず基本料金だけの計算をしてみましょう。

 

例)

LINE MOBILE コミュニケーション・フリープラン 5GB(データ+SMS)

1,640円/月

大手キャリアの基本料金

1,700円(基本料金)+300円(ネット接続料)=2,000円/月

 

一見、大手キャリアも高く無い印象ですが、これにはパケット料金が含まれておりません。では・大手キャリアのパケット代はというと・・・

平均5GBで5,000円!!。

つまり、同じ5GBで計算した場合7,000円(大手キャリア)-1,640円(LINE MOBILE)=5,360円が毎月の差額になります。

これを24ヶ月で計算すると・・・128,640円になります。

ざっくり言えば、この128,640円より安い端末を買えば、大手キャリアよりも同条件(大手キャリアのゼロ円端末の場合)では格安SIMの方がお得というわけです

 

[追記]

重複している部分もありますが、中華タブレットを含めて「タブレット購入」の参考になる記事を作成しました。

【購入ガイド】セルラーモデル?Wifタブレット?中華タブレット?それぞれのメリットデメリット

スポンサーリンク

カテゴリー:タブレット

アバター

onib

元・携帯ショップの販売員(専門)。 「マニアックな話を素人にも分かりやすく」をモットーに記事を書いています。