ガジェット紹介から英会話の勉強まで!大人が観ても面白いYoutube動画まとめ

サービス By アバター onib
スポンサーリンク

今回は大人でも楽しめる知的好奇心を刺激するような動画や話のネタになるようなYoutube動画を厳選してご紹介します。

スポンサーリンク

ガジェット好きにおすすめの「カズチャンネル」

最新のガジェットから「安いから気になるけどどうなんだろ・・・?」と気になっていたガジェットまで、幅広い商品を分かりやすく紹介してくれるので、商品を購入する際の参考になります。

注意点としては、まるで通販番組のようにトークが上手な方なので、ついつい他の物も欲しくなってしまいます 笑。

番組名:カズチャンネル

大人の趣味に!ジャンクパソコンの修理が魅力の「コジコジのオタク文化 情報局」

高価なパソコンも自作するとかなり費用を抑えることができますが、ジャンク品を自分で修理すれば更に激安で高スペックパソコンを手に入れることができます。非常に丁寧に解説してくれているので知識の無い人でも楽しめる動画が多いのが特徴です。私もジャンクパソコンを修理した経験も無いですし、する予定も無かったのですが、ついつい見てしまいます。Windowsのパソコン修理が多いですが、上記の動画はなんと!あのMacBook Proを1000円で買って動かすという神業のような動画です。

番組名:コジコジのオタク文化 情報局

物に不自由しない現代だからこそみておきたい!「ザ・無人島生活」

時には猛獣に囲まれたサバンナで、時には猛毒を持つ生物が生息しているジャングルで、時には食料の確保すら困難な無人島など、過酷な環境で人間が生活できるのか?を実際に1週間体当たりでチャレンジする日本では絶対に見られないような企画です。所持品は緊急連絡用の衛星電話と撮影用のカメラと万が一の時の為の抗生物質のみ。雪山でのチャンレジ以外は衣服すら身につけていない状態で挑んでいます。企画にチャレンジするのはエド・スタッフォードという男性なのですが、実は彼、2年の歳月をかけてアマゾン川全長を踏破した最初の人間でもあるかなり人間離れしたサバイバーでもあるのです。

番組名:ディカバリーチャンネル

実はハマる?ゲーム実況系番組「PockySweets」

誰もが知ってるあの有名ゲームから、一体どこで知ったの?というニッチなゲームまで様々なゲームの実況を行なっている方なのですが、個人的にはホラーゲーム系の実況動画が面白く、どんなくだらないゲームでも楽しく実況してくれます。ちなみに私は普段ゲームをあまりしないので、動画に出てくるゲームは全てやったことが無いのですが、それでもなぜか見てしまう不思議なチャンネル。

番組名:ポッキー / PockySweets

ただただ癒されたいならこのチャンネル「Funnycat」

日々の仕事や家事の癒しにこんな番組はどうでしょうか?「Funnycat」は所謂世界各国の猫動画のまとめ動画ですが、余計なテロップや音声が無いので良くも悪くもただただ癒されるだけの動画です。やっぱり動物っていいですよね。

番組名:Funnycat channel

動画を見ながら簡単英語学習「バイリンガール英会話」

実践で使える英語のフレーズや数分の短い動画にまとめられているので忙しい方も要点だけサッと学習できます。小学校1年生の時、父親の仕事の関係で渡米し、大学を卒業するまでの16年間をシアトルで過ごしたというちかさんは、発音も凄く綺麗で説明も分かり易いです。

番組名:バイリンガール英会話

またサブチャンネルでは日本の魅力を海外の方に向けて発信する「ジャパナゴス」という動画を配信していますので、そちらをリスニングとして聞くのも非常に勉強になります。

 

番組名:ジャパナゴス

英語ネイティブから見た視点が面白い「井上ジョーJAPAN」

生まれも育ちもアメリカというネイティブの井上ジョーさんが、ネイティブ視点で様々なものについて語ってくれるのですが、上記の動画のようにふざけた動画から人種差別の実態など、幅広い内容の動画を公開しています。

いずれの動画もテイストは違うものの、ネイティブ視点からの非常にためになる動画でついつい聞き入ってしまいます。

個人的に面白かったのは「エミネムの凄さをアメリカ人が説明する」という動画で、この動画を観る前と後では、今まで良くわからなかったラップというもの凄さ、世界的に有名なエミネムの凄さを知ることができました。ちなみに井上ジョーさんは、日本語と英語がネイティブレベルで話せる上に、ポルトガル語・スペイン語・北京語も意思表示レベルだそうです。

番組名:井上ジョーJAPAN

スポンサーリンク

カテゴリー:サービス

アバター

onib

元・携帯ショップの販売員(専門)。 「マニアックな話を素人にも分かりやすく」をモットーに記事を書いています。