Amazon Primeが値上げしたけど会員になるには今?将来的に1万円を超えるかも?

時事 By アバター onib

4月12日にアマゾンジャパンから、『Amazon Prime』の年会費を3,900円から4,900円、月額会員費を400円から500円に値上げをすることが発表されました。

Amazon Primeといえば、通常より早く商品が届く『お急ぎ便』や、映画やドラマなどが見放題の『Primeビデオ』など、様々な特典が使えることで有名なサービスです。

値上がりはいつから?

新規登録の場合は既に新価格が適応されています。現在既に登録している方は5月17日以降の請求から、もしくは4月12日以降に会員プランを変更(更新)した場合に適応されます。

将来的には年会費が1万円になる?

さて今回値上がりしたAmazon Primeですが、それでも日本はまだまだ外国に比べれば圧倒的に安いです。アメリカのAmazon Prime会員の会費はもともと99ドルだったのですが、昨年5月に119ドルに値上げされました。

これは日本で言うと約13,000円もの金額になります。

それに比べれば日本は値上がりしたとはいえ、まだまだ激安と言えるでしょう。

と、言うことは日本も将来的には会費が1万円以上になるのでしょうか?

Prime会員全員がほぼ使っているであろう、サービスの中核を担う『お急ぎ便』についてですが、アメリカの場合は国土が広いので、『お急ぎ便』のようなサービスを無料で提供するためには配送にかかる燃料費などを考えると、それなりの会費が必要なのは理解できますが、日本の場合は国土が狭く数をこなせるので、アメリカほどの金額にはならないと思います。

 

とはいえ、日本が年会費4,900円に対してアメリカの年会費が約13,000円というのはあまりにも開きがありますので、将来的には日本の年会費も6〜7,000円近くなる可能性は十分にあると個人的には思っています。

 

少なくとも今回の件で、アマゾンジャパンも大幅な値上げをするということが分かったので、むしろ今のうちにPrime会員になって様々なサービスを享受しておく方がメリットが多いのではないか?と個人的には思っています。


カテゴリー:時事

アバター

onib

元・携帯ショップの販売員(専門)。 「マニアックな話を素人にも分かりやすく」をモットーに記事を書いています。