デザイナーたちが大量辞職、Appleの未来はこれからどうなる?

時事 By アバター onib

この記事によれば、Appleのインダストリアルデザイナー達が続々と辞表を出しているそうです。

インダストリアルデザインとは、「工業製品のデザイン」の事で、辞めていったデザイナーの中にはiPhoneを手がけてた方々もいるそうです。

物よりサービスの時代?

「Apple Music」やAdobe製品のサブスクリプション・サービスなど、デジタル配信サービスに力を入れているAppleですが、もしかしたらそういったAppleの方向性に対して、辞めていったデザイナー達は自分たちの未来を感じなくなったのかもしれません。

Appleの未来は暗い?

しかし、iPhoneやMac bookに代表されるようにシンプル且つ洗練されたデザインが人気だったApple製品ですが、中核を担うデザイナー達を失った事は何を意味するのでしょうか?

既にスティーブ・ジョブズ亡き後のAppleに対して、デザインやインターフェイスなど、ハードとソフトの両面で「シンプルでは無い」という声は以前から挙がっていました。

また、一昔前では「とにかく安い」というのがウリであった中華製品も、近年では格段にデザインや操作性が向上しており、今回の件で「Apple信者」と呼ばれる人たちのApple離れが加速するかもしれませんね。

現段階では今回Appleを辞めるデザイナー達の理由や去就は明らかにされておりませんが、少なくともAppleにとって良いニュースでは無いことはたしかでしょう。

 

 


カテゴリー:時事

アバター

onib

元・携帯ショップの販売員(専門)。 「マニアックな話を素人にも分かりやすく」をモットーに記事を書いています。