契約して1年経ったのでLINEモバイルの思い出話をあれこれ書いてみた

格安SIM By アバター onib
スポンサーリンク

もともとDocomo回線を単独利用して月に8,000円ぐらいを使っていたんですよね。

諸事情でMVNO(格安SIM)の契約がしにくかっただけなんですけど 笑

さっきふと利用明細を観たら、LINEモバイルと契約してから1年になるのでこの機会にLINEモバイルについて色々と振り返って書いてみようかと。

実はLINEモバイルが初めて契約した格安SIMなんですよね。

なので今回は紹介記事というより、大手キャリアから格安SIMに変えたときの思い出です 笑

現在大手キャリアからどこかしらの格安SIMに乗り換えようかな?と思っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

まず驚いたのが圧倒的な値段の安さ!!

変更する前から契約内容を見て分かっていたことなんですが、やっぱり実際に請求額を見て「本当にこれだけ!?」と驚きましたよね 笑

1年分遡って計算してみたのですが、1年で23,278円!

月平均で1,939円でした

それまではDocomoのかけ放題5GBプランで毎月8,000円程度払っていたので、6,000円程度浮いたことになりますね。

毎月6,000円はかなり大きいですよね。今まで何に払ってたんだろ・・・いや、本当は知ってる。全然しない通話料金割高なデータ通信費です 笑

通話料金について

格安SIMに変えるにあたって唯一気がかりだったのは通話料金です

当時、大手キャリアは通話定額プランにほぼ強制加入になっていましたが、一方で格安SIMには通話定額制が無かったんですよね。

ちなみに通話料金ですが、LINEモバイルは30秒20円です。

当時のDocomoのかけ放題プランは2700円でしたので、それを元に計算するとLINEモバイルでは毎月67.5分通話できることになります

プライベートで長電話はしないものの、仕事関係で毎月1時間ぐらいは通話してる・・・のかな?と不安になった事を覚えています。

結局、フタを開けると通話も全くしてませんでした 笑

格安SIMに変えてから気づいたのですが、よく考えたら仕事の電話であっても自分から掛けなければいいだけの話ですもんね。(格安SIMも受信は無料)

LINEモバイルに契約した初月は通話料金が若干不安だったので、何度か相手に掛け直させるせこい手を使った記憶があります 笑。

初月の通話料金を見て「全然大丈夫だな」と思ってからは、特に意識していませんでしたが、それでも最初に書いた通り、毎月2,000円以下になりました 笑

ちなみに私は特に通話に関して何もしていませんが、通話料金が気になる方は下記を参考にしてください。

現在のDOCOMO(スマホ) LINE
かけ放題オプション:1,700円 =LINE通話なら1,700円で42.5分通話できる
5分通話無料オプション:700円 10分無料通話オプション:880円
通話料:30秒20円 通話料金:30秒20円

※専用アプリを利用すると30秒10円

データ料金(通信費)について

私はDocomoで毎月5GBのプランを契約していたのですが、もともとそこまでスマホでネットをすることもなく、ネット利用をしたとしてもGoogle MapかTwitterぐらいでした。

プランを下げても良かったんですけどね…当時は携帯関係の仕事をしておきながら自分のプランには無頓着でした 笑

というより、「もしも足りなくなったら困る」という意識の方が強かったんですよね。割高でデータ量を追加するのも嫌ですし、何よりめんどくさいじゃないですか 笑

LINEモバイルに変更する時に3GBプランに変えたんですが、そのきっかけは「コミュニケーションフリー」の存在。

コミュニケーションフリーは、特定のSNSサービス使用時のデータ通信をカウントしないというものです

 

というわけで、私の普段の利用で消費されるデータ通信量はほぼGoogle Map使用時だけになりました 笑

結局、それから今まで一度も超過した事がありません 笑

しかも余った分は翌月に繰り越されるので、全然減らないんですよね 笑

もはや個人的には「コミュニケーションフリーも必要ないんじゃないのか?」っていうレベルです。

え?契約の縛りが1年って嘘でしょ!?

これは後から知って驚きました。

携帯のプラン契約っていうと2年(もしくは3年)の自動更新が普通だと思っていたのですが、LINEモバイルでは解約手数料(いわゆる違約金)は1年未満の解約に対してでした

まさかの大手キャリアの半分の期間、しかも13ヶ月目からはいつ解約してもいいという内容にだいぶ衝撃を受けました 笑

しかもこれは音声通話SIMのみに対してで、電話番号を持たないデータSIM契約に至ってはそもそも解約手数料は発生しないと。

凄いですよね、大手キャリアで働いていた時は、乗り換えしてもらうのにこの”2年縛り”のおかげでどれだけ苦労したことか 笑

そんなこんなで…

私の場合はLINEモバイルに変えてからデメリットは一切ありませんでした

とはいえ、1回の電話で毎月1時間以上の電話を”自分から”掛けるかもしれない方は無闇に格安SIMに変えると損するかもしれません

そうじゃない方なら、格安SIMに変えることで料金自体はほとんどの方が安くなるとは思いますが、LINEモバイルが絶対的に安いわけではありません

格安SIMの中でも各社それぞれに特徴があります

たとえばオプション加入でYoutube動画が見放題になったり、特定のショッピングサイトのポイント還元率が良くなったり。

しかもそれもキャンペーンの有無で最安値が変わったり。

どこが最安値かは人それぞれですし、最安値を求めるのも良いですが、個人的には最安値に拘り過ぎて行動するタイミングを逃すよりも、今払っている料金に不満があるのならすぐに変えた方が良いと思います

だって私のように月8,000円を払っていたとして、それが月1,900円になろうと、2,500円になろうと今払っている金額に比べればたいした問題ではないでしょう?

格安SIM業者間の金額差は、”対大手キャリア”に比べれば小さいものです

一番お得な条件を探すことに時間を割きすぎて月を高い料金のまま月を跨いでしまっては元も子もありません。

このブログでもたまに目ぼしいキャンペーン情報があれば情報を掲載しているので是非参考にしてみてください。

というわけで、LINEモバイルに関する思い出話でした。

※ちなみに私はLINEモバイルに変えてから1年以上経過したので、そのまま継続するよりもBIGLOBEモバイルのキャンペーンを利用した方が恩恵を授かれるので乗り換える予定です 笑

BIGLOBEモバイルのキャンペーン情報はこちら (9/30まで)

おまけ:「ネットで契約は不安」という方へ

ネット簡単に契約できるのが便利だという人がいる一方で「よくわからないから窓口で申し込みしたい」という方もいると思います。

最近では窓口がある格安SIM業者も多く、たとえばイオンモバイルなんかは全国のイオンで契約することができます

スポンサーリンク

カテゴリー:格安SIM

アバター

onib

元・携帯ショップの販売員(専門)。 「マニアックな話を素人にも分かりやすく」をモットーに記事を書いています。