サービス未登録者も被害に!?クレカの不正利用報告が相次ぐPayPayとその原因

※この記事は1年以上前に書かれたものです。情報が古い可能性があります。

100億円ばらまきキャンペーンがわずか10日で終わってしまうほど大盛況だったPayPayですが、そんなPayPayにネガティブなニュースが。

スポンサーリンク

PayPayに非はあるのか?

PayPay社はPayPayからの情報流出を否定しています。

Twitterに寄せられた多くの投稿を見ていると、中にはPayPayのサービス自体に登録してない方もPayPayでクレカの不正利用被害に遭ったそうです。

要するに、もしTwitter上の多くの被害報告が本当ならば、PayPayからクレジットカード情報が流出したわけではなく、何者かが不正に入手したクレジットカード情報を使用してPayPayにそのカードを登録して使っていたという事になります。

PayPayの本人確認はどうなってるの?

しかし、それならば「第三者が不正に入手したカード情報を登録できてしまう」PayPayのガバガバな本人確認が問題になってきます。

PayPayのクレカ登録時には3Dセキュア(カード番号や有効期限の他にIDやパスワードなどの)登録がなく、本人認証がありませんでした。

要するにクレジットカードの現物が無くても、第三者が不正に入手したカード情報のみで登録・使用できてしまうわけです。

不正利用された場合どうしたら良いのか?

PayPay側の回答によると、PayPayでは決済が不正かどうかは分からないので、自身でカード会社に問い合わせなければならないそうです。

PayPayのアカウントは削除できない!?

PayPayのカスタマーサポートによると「Yahoo!との連携を解除」「クレジットカード情報の削除」「ログアウト」はできるそうですが、一度作成したPayPayアカウントは削除できないそうです。

PayPayHelp

これからどうなる?PayPay

なかなかキャッシュレスが普及しない日本で、一時的にとはいえ大旋風を巻き起こしたPayPayですが、今回の騒動で益々キャッシュレス化が遠のきそうな気がします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました