名刺サイズのシンプルな携帯「NichePhone」の買い方と使い方

ガジェット情報 By アバター onib

このブログにたどり着く方の多くは「シンプル」で「小さい」スマホやガラケーを求めている方が多いようですね 笑

かくいう私も出来るだけコンパクトな携帯の方が好みです。

今回は名刺サイズのシンプルな携帯「NichePhone」をご紹介したいと思います。

日本のクラウドファンディングサイト「Makuake」で話題になった製品でもあり、正直、スーツ姿でこの端末を使っていたらめちゃくちゃカッコいいです。

あと、先に言っておきますと、5,000〜14,000円ぐらいの価格帯なので安い端末でもあります。

 

はじめに

NichePhoneには4Gに対応していない「Niche Phone-S」と、4Gに対応した後継機の「NichePhone-S 4G」の2つがあります。

両者で価格が倍ぐらい違いますが、そもそも「通話」と「カメラ」に加えて「SMS」ぐらいが主な機能ですので、その辺りも考慮して考えても良いかと思います。※一見ガラケーのようですが、ガラケーではなくOSはAndroidです。ゲームなどはできません。

 

Niche Phone-S (3G)

 

カードサイズの端末で、薄さはわずか6.5mm!本体重量もバッテリー込みで40gとかなり軽いです。

 

Wi-Fiテザリング/ICレコーダー/音楽再生機能/Bluetooth/SMSなどの必要最低限の機能を兼ね備えています。

ROMは256MBしか無いので、アルバム1曲分程度しか入らないでしょうが、ランニング時には丁度良いですね。

ただ流石に3Gのテザリングは速度的にきついものがあると思います。

連続通話時間は約3時間、連続待受時間72時間です。

Niche Phone-S (3G)がおすすめな方

  • ガラケーと同じように使いたい方
  • とにかく安く買いたい方
  • 極限までコンパクトな携帯が欲しい方
  • サブ機として使いたい方

 

NichePhone-S  (4G)

上記の後継機で4Gにも対応しています(VoLTEには非対応)。

外観面では、ボタンの形状が四角くくなっています。

また、サイズは同じなものの、厚さが6.5mm→9.5mmに増えており、重量も40g→52gへと若干重くなっていますが、国内の4G端末としては最薄・最軽量です。

OSはAndroid4.2→6.0に。

ROMは256MBから4GBへと大幅に増えています

連続待受時間は約110時間。

その他としては4G対応によってWifiテザリングの速度が向上している点も見逃せません。

NichePhone-S  (4G)がおすすめな方

  • テザリングも利用する方
  • 音楽を聴く予定がある方
  • ボイスレコーダーを多用する予定がある方

 

NichePhone-Sの値段は?どこで買えるの?(共通)

<3G>

3Gの場合、国内での最安値はAmazon(5/22現在)で、だいたい6,000円代が相場です。一方Banggood.comでは4,916円+411円(送料)で販売されています。少しでも安く買いたいならBanggood.comですが、商品到着までの時間や安心感を考慮するとAmazonで良いんじゃないでしょうか?

NichePhone-S
3G

 

<4G>

次に4G版ですが、こちらBanggood.comでは販売されておりません。国内ではAmazonでは13,824円で販売されておりますが、楽天では11,300円で見つけることができます。

NichePhone-S 4G
4G対応

 

NichePhone-Sを使うにはどうれば良いのか?

(携帯に詳しく無い方のために少し補足します)

NichePhone-Sを使えるようにするには、今ご自身で契約している携帯のSIMカードを購入したNichePhone-Sに差すか、新たに格安SIMなどを契約して、そのSIMカードを差すことによって利用できるようになります。

その後、端末側でAPN設定という操作をする必要があるのですが、特別難しいことはありません。解説しようと思いましたが、動画がありました 笑

どの会社のSIMカードが利用できるかは下記に記載。

 

NichePhone-Sで使えるSIMカードとサイズは?(共通)

NichePhone-Sは、ドコモとソフトバンク(Y!mobile)回線に対応しています

公式では動作確認一覧として下記の格安SIMが掲載されています。基本的にはドコモ・ソフトバンク系のSIMカードで利用できるようです。

  • IIJmio
  • DMM Mobile
  • BIC SIM
  • OCNモバイルONE
  • イオンモバイル
  • YAMADA SIM
  • NUROモバイル
  • 楽天モバイル
  • LINEモバイルなど

ただし、4Gに対応していないNichePhone-Sでも、ガラケー用SIM(ドコモFOMA、ソフトバンク3G、Y!mobile ケータイプランなど)での動作検証はされていないようなのでご注意を。ドコモ・ソフトバンク・Y!mobileのガラケーからでなくスマホからなら問題無いかと。

心配な方は公式サイトをチェックした方が良いでしょう。

NichePhone-S(3G)の動作確認端末こちら

NichePhone-S(4G)の動作確認端末はこちら

 

SIMカードのサイズはnanoSIMです。

もしもお使いのSIMカードのサイズが違う場合、大手キャリアでも格安SIM業者でもだいたい2,000円程度でSIMカードサイズを変更できるのですが、安く済ませたい方は、下記のような専用のカッターでSIMカードのサイズを小さくするという方法もあります。

Aerb SIMカードカッター SIM変換アダプター+SIMトレイ+紙やすり

 

お手軽に自分でNanoSIMサイズに切れるのでおすすめです。かなりめんどくさいですが、下記の方のように、自力でMicroSIMをNanoSIMサイズに切っている方もいます。自分でやれば限りなくゼロ円ですからね 笑

参考:MicroSIMをnanoSIMサイズにカットする方法〜カッターナイフ編〜


カテゴリー:ガジェット情報,スマホ,ガラケー

アバター

onib

元・携帯ショップの販売員(専門)。 「マニアックな話を素人にも分かりやすく」をモットーに記事を書いています。