SoftbankならiPhone11を3万円台買えるという話

なんか大手キャリアの記事はSoftbank関連が圧倒的に多くなっていますが、個人的には大手キャリアに限って言えば、一番Softbankが良いと思ってますので若干Softbankびいき目線です 笑

海外のSIMフリースマホはSoftbank回線に対応している端末が多いというのが主な理由なんですけど。

とはいえ、今回はiPhone 11についての記事なんですが。

スポンサーリンク

Softbankで半額以下でiPhone11を手に入れる方法

結論から言うと、『トクするサポート』を利用します。

トクするサポートとは、48回分割で購入した端末を25ヶ月目以降に返却すれば残りの代金を支払わないで良いというオプションです。

「Docomoでもauでも同じようなサービスやってるじゃん!」と思った方、その通りです!

しかもSoftbankの場合は月額390円掛かるというデメリットもあります

それでも、Softbankが安いんです!!

実は・・・

このブログでは度々、キャッシュバック金額の面から『大手キャリアとの契約ならSoftbankが良い』と書いていますが、実際Softbankのみオンライン代理店がいくつかあり、だいたいどこでも新規/MNPなら20,000円のキャッシュバックを行なっています。

Softbankが良いっていうより、Docomoやauにはキャッシュバックをくれるオンライン代理店が無いんですよね。

で、今回言いたいのはそこではなく、法規制により本来のキャッシュバックの上限は20,000円になってしまいましたが、実は機種から値引きする場合、22,000円まで割引が受けられるんです

キャッシュバックを現金で受け取るのではなく、機種代金から割引いてもらうようにするだけで2,000円も変わるって大きくないですか?

新規/MNP時のiPhone 11の代金を見てみよう

例えばiPhone11 64GBの機種代は89,280円です。

新規/MNPでオンライン代理店を挟んで契約すると-22,000円なので67,280円になります。これはシンプルに一括購入時の価格だと思ってください。

次に『代理店の22,000円割引』+『48回の分割購入』+『トクするサポート利用』の場合は以下のようになります。

端末代金は毎月1,860円(89,280円÷48ヶ月)ですが、トクするサポートを利用して25ヶ月目に端末を返却する場合は残りの端末代金を支払う必要がないので、実質的に半額(1,860円×24回==44,640円)になります

ここからオンライン代理店の21,984円(916円×24回)割引が入るので、実質の端末価格は22,656円になります
※分割の場合、割引の22,000円を24回で割ると端数の関係で若干目減りして21,984円になります。

そして、トクするサポートは月額390円が掛かるので×24回で=9,360円が必要です。

全てを合計するとiPhone 11 64GBの端末価格は32,016円となります

2020年3月27日以降に発売された対象機種は「トクするサポート」ではなく新しい「トクするサポート+」が適用でき、こちらは月額のオプション費用が掛かりません。例えば第二世代のiPhone SEなどなら割引とトクするサポート+の適用により端末価格は6,816円にまで下がります。

半額どころか、ほぼ3分の1です。

要するに、Softbankではトクするサポートを利用するのに390円の月額が掛かるものの、新規/MNPの場合は最大で22,000円の割引が適用できるため割引額の方が大きいということです。(22,000円-9360円=12,640円の割引)

そんな都合よくキャッシュバックが貰えるのか?

「理屈は分かったけど、そんなに都合よくキャッシュバックが貰えるのか?」と不安な方もいると思います。

「オンライン代理店ならだいたい20,000円貰える」「機種代金からなら22,000円まで法律的にも割引できる」とか言っても、実際Softbankのオンライン代理店のWEBサイトを見てもキャッシュバック20,000円としか書いてないですもんね 笑

ですが、今回の『22,000円まで割引できる』という情報は実は、スマホ乗り換え.comというSoftbankのオンライン代理店に問い合わせて知った情報なので(←私も知りませんでした)、他のSoftbankのオンライン代理店は分かりませんが、少なくともスマホ乗り換え.comでは、新規/MNP契約の際に貰える20,000円のキャッシュバックを機種代金に充てた場合は22,000円(厳密には21,984円)まで割り引いてくれるとの事でした

今回は分かりやすくiPhoneでご紹介しましたが、トクするサポートが適用できる他のAndroid端末でもこの方法は利用できます。

ちなみに・・・

ちなみにトクするサポートを利用して端末を返却したあとですが、そのままSoftbankを利用したい場合は、新たに端末を入手する必要がありますよね?

これはDocomo/auで同様の返却サービスを利用した時も同じなのですが、前述の通り、Softbank回線は海外の格安SIMフリースマホで対応している端末が多いので、そういう点でも使い勝手が良い会社だと思います。(勿論普通に新しい端末を購入しても良いですが、あくまで安く抑えたい場合)

(3/5現在)スマホ乗り換え.comのキャッシュバック条件

iPhone/Android・・・20,000円キャッシュバック
※機種変更の場合は5,000円のキャッシュバック

条件:Softbank契約+端末購入
条件2:全てのスマホ・ガラケーが対象/料金プランはどれでもOK!
※申し込みの際はスマホ乗り換え.comのプラン見積もりフォームに「2222」と記載してください。

しかも、このキャッシュバックキャンペーンは『代理店』の施策なので、公式のキャンペーンも併用できるんです!(ちなみにここの代理店は公式で併用できるキャンペーンも案内してくれるので、サポート面でもオススメです)

スマホ乗り換え.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました