Docomo・au・ソフトバンクのMNP(乗り換え)はネットでやる方がお得って知ってた!?

携帯ショップ By アバター onib

結論から言いますと、大手キャリア3社の中で乗り換えを検討や機種変更を検討しているなら、どう考えてもソフトバンクのオンラインショップがお得です。というか、むしろネットで契約しないと損します。

オンラインの代理店を勧める理由

この当サイトで度々書いていますが、実は街の携帯ショップのほとんどは、たとえば『Docomo』『au』『SOFT BANK』という看板を掲げていますが、実際のところは代理店なんです。

代理店でそれぞれ違うからこそ、店舗独自のキャンペーンや端末の料金が異なります。

つまり、街の携帯ショップは直営店だから安いというわけでは無く、私たちが認識してる端末料金やキャッシュバックの一般的な相場というものは、実店舗の代理店の価格が目安となっているわけです。

それならば、実店舗を持たず(又は少ない)オンラインの代理店の方がランニングコストが掛からず、端末代金を安く提供できたりキャッシュバックが多いというのは容易に想像ができるのではないでしょうか?

また、オンラインならではの特徴として、実店舗のような待ち時間が不要という点も挙げられます。

 

オンラインの代理店のメリット

ランニングコストが低い分利用者に還元できる

待ち時間不要

 

オンラインの代理店の中でもソフトバンクを勧める理由

オンラインでの契約は各キャリアが公式で行っていますが、中でもDoCoMoは比較的力を入れている印象ですが、その反面、私の知る限りDoCoMoのオンライン代理店はありません。

auは以前は何社かあったものの、現在残っているのは1社しか知りません。

公式のオンラインショップは価格面で少しお得な場合もある程度で、『めちゃくちゃ良い!』というわけではありませんし、それならば実店舗の代理店のキャンペーンを探した方がお得な契約ができる可能性が高いでしょう。

一時期の過熱したキャッシュバック合戦や携帯料金の見直しなど、何かと総務省に目をつけられている携帯業界は派手なキャンペーンが打ちにくいのが実情です

それはソフトバンク公式のオンラインショップも同様です。

しかし、ソフトバンクの場合はオンラインの代理店が多く、同じオンラインの代理店同士の価格競争が発生しているのでキャリアごとに比べれば、ソフトバンクのオンライン代理店を利用した方がお得な可能性がかなり高いというわけです。

ぶっちゃけて言えば、総務省のキャッシュバック規制で派手なキャンペーンを打ちづらい中、ソフトバンクのオンラインショップはイケイケの姿勢のところが多いです 笑

また、対面での交渉が苦手という方でも、メールや電話でなら『他社(違うオンラインの代理店)はもっとお得だった』という値段交渉もしやすいですよね。

 

ソフトバンクのオンライン代理店のメリット

オンライン代理店同士で価格競争が起こっている

他の代理店とすぐ比較ができるので、対面での交渉が苦手な方でも交渉しやすい

 

ソフトバンクのオンラインショップ

たとえば『スマホ乗り換え.com』は、競合他社がキャッシュバックまでに1ヶ月程度なのにたいして、来店の場合は即日。郵送の場合でも開通の翌週末にキャッシュバックが受け取れます。また特典分は機種代金から割引くことも可能で、ソフトバンク公式のキャンペーンと併用する事が可能なので、携帯ショップで契約するより遥かにお得です

 

その他のオンライン店舗

記載しているキャンペーン内容は古いですが、ざっくりと他の店舗の特徴も知りたい方は過去記事を参照ください。

SoftBankユーザー必見!新規・MNPだけじゃなくて機種変更もネットでできるって知ってた?

 

尚、セール情報はこちらで更新しています。

おまけ:話題のスマホって何?

オンラインショップとかを見ているとどう見てもiPhoneにしか見えない製品があったりしますよね?

なぜ『話題のスマホ』という表現にしているのでしょうか?

簡単に言うと、Appleは自社製品のブランドイメージを保つ為に、「iPhone」や「Apple」といった単語を使うことを許していないんですよね。

そういう事情から、どんなサイトでもあっても『iPhone入荷!』みたいな書き方ができないんです。大手キャリアの場合は、Apple自体が広告を作っている為、でかでかと『iPhone』と書いています。

Twitterとかでも書けないなんて大変ですよね。それでも日本では圧倒的な人気のあるiPhone….凄い!


カテゴリー:携帯ショップ
タグ:節約

アバター

onib

元・携帯ショップの販売員(専門)。 「マニアックな話を素人にも分かりやすく」をモットーに記事を書いています。