ダウンローダー、コンバーター、動画編集までセットのWindowsソフトレビュー

WonderFox株式会社様よりWindowsソフトのレビュー依頼がありましたので、早速使ってみました。

今回使ってみたのはWonderFoxの 『HD Video Converter Factory Pro』というWindows用のビデオの変換ソフトです。

基本的にMacBookを使っているのでこの為だけに家で眠っている激遅PCのDynaBookを引っ張り出してきました 笑

スポンサーリンク

HD Video Converter Factory Proで何ができる?

そもそもこのソフトで何ができるのか?という事ですが、

  • 動画サイトから動画,音源のダウンロード
  • オーディオやビデオを任意の形式へ変換
  • 画像から簡単なスライドショーの作成
  • 画面録画
  • 動画からのGIF画像作成

といった多機能なソフトです。

ソフトを立ち上げるとこんな感じ

ダウンローダー機能

このソフトではYouTube、Yahoo、Facebook、Twitter、niconico、FC2、Vimeo、Dailymotion、LiveLeakなど300以上のウェブサイトからビデオ、オーディオ、字幕をダウンロードできるそうです

しかもチャンネルやプレイリストの一括ダウンロードすることが可能です。

というわけで、実際にYoutube動画をダウンロードしてみました。

特に難しい操作は必要ないですが、一応手順を書いておきます。

1.まずYoutubeで任意の動画のURLをコピーします。

2.次にHD Video Converter Factory Proで『新しいダウンロード』をクリック

3.次に『貼り付けと分析』を押します(もしくは手動でURLをペーストしたあとに『分析』を押す)

4.解析が終われば『解像度』『ファイル形式』を選ぶ画面が出てきますので任意のものを選択して『確定』を押します。

5.あとは『ダウンロードを開始』を押せばパソコン内に保存されます。

ちなみに4Kビデオは勿論、VRビデオにも対応しています

個人的には『字幕』が気になっているのですが、今のところ使い方が分かりません。

字幕付き動画を字幕ごとダウンロードできると思ったのですが、どうやら違うようです。(字幕ごとダウンロードできれば便利なのに)

ビデオ変換

本ソフトのメイン機能である『ビデオ変換』。

AVIやMP4,M4Vなどは勿論、DIVXなど数多くの形式に変換が可能です。(3GPって着うたとかに使われてたファイル形式でしたっけ?懐かしい)

変換の際に『エンコード?ファイル形式?何それ?』という方にも嬉しいのが、デバイス別に最適な形式で出力できるところ

正直、ある程度解像度の高いmp4形式ならほとんどのデバイスで使える為、変換が必要か?と問われれば全くそんな事は無いのですが、逆に小さなスマホで見る為に解像度の高すぎるファイルをそのまま転送してしまっては、無駄に容量を圧迫するだけなのでやはりそれぞれのデバイスに応じた変換はしておきたいところ。

例えば『Apple』をポチっと押すと、iOSデバイス一覧が出てくるので、あとは自分の使っている端末を選べば細かい設定を気にせずにOK!

あと気になったポイントとしては、『HD Video Converter Factory Pro』は、独自の技術により低い解像度の画質をクリアで高い解像度へと変更できるそうなので、試しに適当なYoutube動画の最低画質をダウンロードして最大画質に変換してみました。

8.69MB→1.1GBへファイルサイズが大幅UPしました。

ちなみに、シーンの切り取りや結合など、簡易な動画編集もできます

さて結果は・・・

元画像
HD画質

か・・・変わってない!!

・・・設定間違えたかな。

どうやらSD画質をHD画質に変えるわけではなくHDサイズに変えるだけのようです

要するに、もともと汚い画質をリマスターして綺麗にするような機能ではなく、そのままの画質で拡大する機能っぽいです。(そりゃそうか)

なので、元の動画サイズよりも大きなディスプレイで全画面表示で見る際は、変換後の動画の方が綺麗に見えると思いますが、(元の動画のサイズにもよりますが)パソコンのディスプレイサイズぐらいまでならほぼ違いを感じる事は無いでしょう。

とにかく、汚い画質が綺麗になるわけでない!ということ。

というわけで、『全画面表示した時の余白が気になる!』など、ディスプレイと動画サイズが合っていない時にはスケールアップが使えるのは良いですが、だいたいの場合は、画質をそのまま動画サイズを縮小する時に使うことの方が多いかと。(タブレットとかスマホ用に)

その他の機能

その他の機能としては、日常的に使うことは少なそうですが、スクリーン録画機能などもあります。

ゲーム実況しているYoutuberとか、最近なら一般の方でもテレビ電話での会議などの際に録音しておくと良さそうですね

あと画像から簡易のスライドショーが作れたり(ただ音声の追加はできないのでだいぶ限定的な用途になりますが)

適当に画像をポンポン追加するだけ
左から右へ画像が流れるスライドショーのような動画が完成

他にも動画からGIF画像を作ったり。

GIF画像は、ブログ記事に使うのにすごい便利だと思うんですが、私の場合Macでブログを書いているのでWindowsでGIF画像を作ってMacに送らないといけないのが辛い(Mac版があったらいいのに・・・)

全体的な感想

ぶっちゃけMacと違いWindowsには便利なフリーソフトがたくさんあり、HD Video Converter Factory Proに内臓されている機能と同様の事は手間を惜しまなければ全て無料で実現できます

ただ、無料でやりくりしようとすると、フリーソフトの場合は各ソフトをパソコンに取り込まなければいけないので、私のようにスペックに余裕のないパソコンではイチイチ動作が遅くなってそれだけで相当ストレスですし、WEBサイト上でダウンローダーやコンバーターを使う場合は、スパム広告まみれの怪しいサイトが多く、セキュリティー的にリスクが高すぎますし、変換クォリティーもイマイチです(あと、動画サイト側の仕様変更で急に使えなくなったり)。

どちらにせよ『フリーソフト』だろうが『WEBサイト上』だろうが、それぞれ必要に応じて使い分けなければいかないので効率が悪すぎます

そういった意味では、HD Video Converter Factory Proは、『ダウンローダー』『動画変換』をメインに、おまけ程度とはいえ、「あれば便利かも?」という機能が1つのソフト内に含まれているので作業効率は良くなりますし、何より安心且つ簡単に使うことができるのが最大のメリットかと

少なくとも私の激遅Windows PCの場合は、無駄にWEBサイトを開いたりソフトを立ち上げる余裕が無いので助かりました 笑

デメリットは一部日本語が怪しいところ 笑(理解はできるので使用に関して困る事はほぼ無いですが)

必要スペックと価格

対象OS:Windows10/ 8.1 / 8/7以下
プロセッサ:Intel®, AMD®, 1.5 GHz以上
ビデオカード:NVIDIA® GeForce® series, Intel® HD Graphics, AMD Radeon™ series.
ディスプレイ:解像度1200×768以上
RAM:1 GB 以上
空き容量:300MB

価格3280円3880円6580円
期間1年間永年永年
インストール可能台数1台1台3台

HD Video Converter Factory Pro

コメント

タイトルとURLをコピーしました