【超簡単】Amazonや楽天で割引を受けて安く買う方法を画像付きで紹介

サービス By アバター onib
スポンサーリンク

日常的にネットショッピングをしている方は多いと思いますが、常に5%〜10%の割引が受けられるとしたらどうでしょうか?

この方法はセール中であっても関係なく使えますし、しかも時間も全く取られません。いつもの買い物の前に数クリックするだけです。

(私は日常的にこの方法を使っていて有名な方法だと思っていたのですが、先日に友人に話した際に有難がられたのでご紹介します 笑)

スポンサーリンク

ギフト券を買う→使う、ただそれだけ

方法は至って簡単。Amazonギフト券などの電子ギフト券を購入して使う、ただそれだけです。

電子チケットなので、即座に購入できますし、反映も簡単にできます。

ちなみに、さきほどもマウスを購入したので、実際にAmazonギフト券を例に買い方を説明します。

 

オンラインチケットサイトを使い方



私が利用しているのは「Giftissue ギフティッシュ」というサイトなので、今回はギフティッシュの画面で説明しますが、このような電子チケット売買サイトに他にもあります。方法は概ね同じです(売買サイトについては後述)。

 

登録したらまず「アカウントサービス」から「残高を追加する」を選択します。

入金は「銀行振込」と「コンビニ振込」の2つがありますが、コンビニはレジで現金を支払うだけなので楽ですが手数料が掛かる為、できればできれば銀行振込をおすすめします。

 

銀行振込の場合、選択できるのは下記の銀行です。

楽天銀行と住信SBIネット銀行はもともとオンライン銀行なのでオンラインで振込ができますが、三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行も、それぞれ申請をすればオンラインでの振込が可能です。

三菱UFJダイレクト:https://direct.bk.mufg.jp/

ゆうちょダイレクト:https://www.jp-bank.japanpost.jp/direct/pc/sinki/dr_pc_sk_index.html

 

ワンポイント!

昨今、オンラインでの支払いが主流になってきていますので、オンラインで支払いできる口座が無い方はこの機会に申し込んでおくことをおすすめします。どの口座も持っていないという方は、楽天銀行がおすすめです。取引に応じて楽天市場で使えるポイントが貯まるので何かと便利です。

 

入金が反映された後は、実際にギフト券を購入してみましょう。

今回はAmazonで買い物をするので、Amazonギフト券を購入しました。

残高が600円ぐらいしか無かったので500円のギフト券を見てみました。

左から順に

額面(利用できる)金額/売値/販売率/値引額/有効期限/出品者実績

です。

電子チケットの売買サイトは、サイト自体が販売しているわけではなく、出品者がギフト券を登録したものを買う仕組みとなっています。

ただ、ヤフオクやメルカリのように出品者とやりとりする必要は無く、買い手側は購入すれば即座に取引は完了します

個人間取引というと詐欺などを懸念する方も多いと思いますが、購入したギフト券が無効だった場合、返金保証があります

ちなみに私は頻繁に利用していますが、購入したギフト券が使えなかったことは今のところ一度もありません

 

今回は500円分のギフト券だと470円での販売が一番安かったので、470円で500円分のギフト券を購入しました。

 

ちなみに額面金額が高いほど安いことが多いです。

 

購入後はこのようなページに切り替わるので、今度は購入したギフト券を反映しましょう。

赤丸で囲っている部分がギフト券コードですので、これをコピーして下にある「登録ページ(外部リンク)」というボタンをクリックすると、Amazonギフト券の登録ページが表示されます。

 

さきほどのギフト券コードをコピーして「アカウントに登録する」をクリックすれば反映されます。

あとはそのまま買い物するだけ。

 

 

特に何も設定していなければ、ギフト券から優先的に使う設定になっていると思います。赤丸のところではたしかに購入したギフト券500円分が反映されていますね。

 

無事にギフト券が反映されたら、先ほどのギフティッシュの画面から「登録完了」を必ずクリックしてください。

万が一ギフト券が登録できなければ、必ず30分以内に「無効報告」のボタンをクリックすること30分以内に無効報告することで返金保証が受けられます。また、アカウント登録後に利用できなかった場合も30日以内なら返金可能です。なので購入したギフト券は30日以内に使用することをおすすめします。

まとめ

以上が、ギフト券を利用して割引を受ける方法でした。

初回の入金だけがちょっとめんどくさいですが、常に残高がある状態だと、購入→利用の2ステップだけなのでたった1分くらいでお手軽に利用できます

また、自分が持っているギフト券を販売することも可能です。

 

オンラインチケットサイト

最後にオンラインのチケット売買サイトで実績のある有名な3社を紹介しておきます。どこも返金保証があります。

正直、買う側としては特に大差は無いというのが個人的な感想です(売り手の場合は別)。

 

Giftissue ギフティッシュ
→今回紹介したサイト。直感的で使い易い画面。残高の出金(したことありません)が金融機関問わず一律270円。入金が遅いという口コミも見ましたが、私が利用しているSBIネット銀行ではすぐに反映されているので、たぶんオンラインバンキングならすぐに反映されると思います(だいたいオンラインバンキングの入金は速い上に24時間なので)。私の場合は基本的にここしか利用していません。

ベテルギフト
→24時間自動チャージ機能が搭載で楽、営業時間が24時間、販売手数料が無料というサポートの厚さがウリなのですが、特に販売手数料が無料というのは出品者の場合には大変良いですね。

amaten – アマテン
→残高の出金手数料も他に比べて高いですし、他に比べると良い点が見つかりません・・・まぁ、仮に欲しいギフト券が他より安く見つかったら登録したら良いんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

カテゴリー:サービス
タグ:節約

アバター

onib

元・携帯ショップの販売員(専門)。 「マニアックな話を素人にも分かりやすく」をモットーに記事を書いています。